ファーストミット.com

野球のファーストミットについてのブログです。チームで使いまわしされがち。けれど実は魅力に溢れてるファーストミット。そんな魅力を伝えたいです。

久保田スラッガーのファーストミット、その落とし穴とは

 

グラブでは定評のある久保田スラッガー

 

 

ファーストミットはどうなんでしょうか?

 

 

実は昨年、久保田スラッガーのファーストミットを購入したのですが、、、

 

 

気に入らなかったので数回使用した後、オークションで売ってしまいました!

 

 

購入したのは

軟式用ファーストミットKSF-ZUR

 

f:id:ys272829:20150827201527j:plain

 

 

f:id:ys272829:20150827201549j:plain

 

 

久保田スラッガー東京支店で購入しました。

 

 

なぜ、わざわざ定価で販売している直営店で買ったのか?

 

 

理由は

 

・お店の雰囲気が好き(店員の愛想は悪いですが)

・東京支店のファーストミットの湯もみ型付けがどんなものか見てみたかった

 

 

この2つです。

 

 

結果として型付けは酷かったです。革はガサガサでポケットも出来ていない。

 

 

土手を揉んで柔らかくしただけでした。

 

 

以前グラブを購入した時は、革はツヤツヤで柔らかく、型もしっかりついていたのですがファーストミットはがっかりでした。

 

やっぱり、久保田スラッガーはファーストミットに力を入れてないなぁと感じました。

 

 

 

そもそも、久保田スラッガーの革はあまり良くないものなんですよね。

 

とあるタンナー(革製造業者)の方も

 

スラッガーの革は正直言っていいものではない」

 

とおっしゃっていました。

 

 

やっぱり、ファーストミットに力を入れているメーカーは少ないですねぇ。。。