ファーストミット.com

野球のファーストミットについてのブログです。チームで使いまわしされがち。けれど実は魅力に溢れてるファーストミット。そんな魅力を伝えたいです。

ファーストミットのオーダー、おすすめの仕様【芯の硬さ】

 

ファーストミットをオーダーする時は

 

基本型、本体色、革紐の色、縫い糸の色などの様々な項目がありますよね。

 

 

そして、メーカーによっては芯の厚さや硬さが選べます。

 

 

今日はその

 

 

「芯の硬さ」

 

 

について書きたいと思います。

 

 

f:id:ys272829:20150830225547j:plain

(軟式用のファーストミットの芯)

 

恐らく、多くの人は芯の硬さを「普通」にしているかと思います。

 

(お店の人にも普通を推奨されることが多いはず?

 

 

しかし私は、芯は「硬め」が良いのでは無いか?と感じています。

 

 

もちろん芯を硬くするとその分、馴染むまでに時間がかかります。

 

しかし、時間をかけて付けた型は何年使っても崩れにくいです。

 

 

私は今まで6つのファーストミットを使ってきました。

(現在、手元にあるのは4つ)

 

その中で最も使いやすいミットは

 

f:id:ys272829:20150830225455j:plain

 

この硬式用ミズノプロオーダーです。

 

 

硬式野球で約1年半使い、その後軟式野球で2年ほど使っています。

 

 

このミットは芯硬めでオーダーしたものなのですが、

 

革は数か所破けており、また捕球面はかなり柔らかくなっています。

 

 

しかし、ミット自体はヘタってないんです。

 

 

それは芯が硬いからです。

 

 

 

芯が硬いと指の感覚が芯の先まで伝わりやすく、ミットが体の一部のように感じられるように思います。

 

 

 

芯が柔らかいとどうしても捕球感がなくなってしまうんです。

 

 

理想のミットは革は

 

 

「柔らかく芯はしっかり」

 

 

だと私は思っています。

 

特に軟式用のミットは芯が柔らかくなりがちなので、硬めでオーダーすることをおすすめします!